【千年戦争アイギス】覚醒スキルは射程内の敵の攻撃力をダウン、そして覚醒アビリティはレンジャー系トークンの攻撃力アップ!『闇の森の番人アイーダ』を育成しての感想など…(能力値・評価・まとめ)

どうも、色即是空MAXです

今回は『闇の森の番人アイーダ』を育成

彼女について色々紹介していきます

闇の森の番人アイーダ

どこでお迎えできる?

イベント「魔蠅の森と呪われた番人」の各ミッションでのドロップ

Lv.50【素】

【最小出撃コスト:9 最大出撃コスト:14】

アイーダは遠距離ユニット

射程内に入った単体の敵に物理の攻撃をする

クラス名 レンジャー
能力 トラップトークンを設置可能

飛行ユニットを優先して攻撃

悪天候の影響を受けず、

悪天候中は出撃コスト減少

悪天候時は出撃コスト-3

トークンについて

トラップ
Lv 50
コスト 3
HP 500
攻撃力 330
防御力 110
ブロック数 1

所持数は9で、コストは3

同時に最大3つまで、近接マスに配置可能

配置したマスに敵が来ると、トークンのトラップは貫通ダメージを一回与え消滅

そして敵を約2秒ぐらい動きをSTOP

Lv.70【CC】

【最小出撃コスト:12 最大出撃コスト:17】

CCに必要な素材
★3銀アーチャー
★3銀アーチャー
★3銀ローグ
★5白金精霊セリア

クラス名 ハイレンジャー
能力 強化トラップトークンを設置可能

飛行ユニットを優先して攻撃

悪天候の影響を受けず、

悪天候中は出撃コスト減少

トークンについて

強化トラップ
Lv 70
コスト 3
HP 675
攻撃力 523
防御力 128
ブロック数 1

トラップの強化版

ステータスが上昇して

敵が強化トラップを踏んだ際、約3秒ぐらい動きをSTOP

Lv.90【第一覚醒】

【最小出撃コスト:12 最大出撃コスト:17】

第一覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)スナイパーor★4金アーチャー
★3銀(CC済)スナイパーor★4金アーチャー
★3銀(CC済)忍者マスターor★4金忍者
★6覚醒精霊ヴィクトール
200000G
ハイレンジャーの宝珠×2(土曜日)

覚醒アビリティ名 罠威力上昇
能力 配置中、レンジャー系トークンの攻撃力+15%

クラス名 マスターレンジャー
能力 超強化トラップトークンを設置可能

飛行ユニットを優先して攻撃

悪天候の影響を受けず、

悪天候中は出撃コスト減少

トークンについて

超強化トラップ
Lv 90
コスト 3
HP 965
攻撃力 841
防御力 157
ブロック数 1

強化トラップとだいたい同じ

敵が強化トラップを踏んだ際、約3秒強ぐらい動きをSTOP

スキルと覚醒スキル

覚醒スキル習得に必要な素材
★6技覚醒精霊ナイアス
200000G
ハイレンジャーの宝珠×2(土曜日)

スキル名 スピリットイーグル
効果 30秒攻撃力が2.0倍

敵の移動速度を下げる

初回使用までの時間 15秒
再使用までの時間 30秒

書いてないけど、見た感じ着弾速度も上がっている

覚醒スキル名 魔蠅の祝福
効果 30秒範囲内の敵の

攻撃力を20%減少

初回使用までの時間 25秒
再使用までの時間 50秒

好感度ボーナス

好感度100%
攻撃力 +108
防御力 +108

好感度150%
攻撃力 +72

運用方法や感想など…

おススメ度は…B【戦力になる】

アイーダの強みは、悪天候の影響を受けない事

そして敵の動きを止められるトークンを設置できる事

レンジャー系トークンの攻撃力を上げられる事

1番目と2番目の強みは、各レンジャー系共通の内容

悪天候がずっと続くMAPとかに役に立つ

またトークンは強敵相手に地上相手限定だけど、動きを止める事ができる

最後の3番目の内容は、アイーダの覚醒アビリティの能力

レンジャー系トークンの攻撃力を上げる事が可能

スキルと覚醒スキルについては

普段は攻撃力を上げて敵の移動速度を下げるスキルがメインになりそう

覚醒スキルの方は、範囲内の敵の攻撃力を下げる

もしそれが必要な場合は、これを選択して味方の補助をしたい

今回のおススメ度はB【戦力になる】

レンジャー系特有の悪天候に耐性あったり、トークン設置ができる

また火力重視のスキルと敵攻撃力を下げる覚醒スキルの2種類が選択可能

特別火力があるわけでもないけど、色々できると言う事で今回のおススメ度

スキルは自身の攻撃力アップ、覚醒スキルは敵の攻撃力ダウンをするユニット

覚醒スキルは、レンジャー系トークンの攻撃力を上げるユニット

ブルーマンの部屋に色々と驚くユニット

何か気になるものがあれば、育成してみてはいかがでしょうか

今回はここまで

この記事を見てくれてありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする