【千年戦争アイギス】覚醒スキルはブロック数0&効果時間無限の範囲内の味方単体を700回復できる近距離ユニット『帝国神官戦士ルチア』を育成しての感想など…(能力値・評価・まとめ)

どうも、色即是空MAXです

今回は『帝国神官戦士ルチア』を育成

彼女について色々と紹介していきます

帝国神官戦士ルシア

どこでお迎えできる?

主にイベント『帝国神官の帰還』の各ミッションのドロップ

Lv.50【素】

【最小出撃コスト:11 最大出撃コスト:16】

クラス名 神官戦士
能力 2体までの敵を足止めできる

敵をブロックしていない時、味方のHPを回復する

ルチアは近距離ユニットで、ブロック数は2

攻撃方法はブロックした単体の敵に物理攻撃

また敵をブロックしてなければ、上画像の範囲内に入った単体の味方のHPを回復する

Lv.70【CC】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:19】

CCに必要な素材
★3銀ソルジャー
★3銀ヘビーアーマー
★3銀神官戦士
★5白金の精霊セリア

クラス名 神官戦士長
能力 3体までの敵を足止めできる

敵をブロックしていない時、味方のHPを回復する

ブロック数が2→3、そして回復をする射程範囲が少し伸びた

Lv.90【第一覚醒】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:19】

第一覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)ソルジャーチーフor★4金ソルジャー
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★3銀(CC済)神官戦士長or★4金神官戦士
★6覚醒精霊ヴィクトール
200000G
神官戦士長の宝珠×2(土曜日)

覚醒アビリティ名 魔法耐性
能力 魔法耐性+10

クラス名 ディバインアーマー
能力 3体までの敵を足止めできる

敵をブロックしていない時、味方のHPを回復する

Lv.99【第二覚醒】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:19】

第二覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)ソルジャーチーフor★4金ソルジャー
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★3銀(CC済)神官戦士長or★4金神官戦士
★6常闇精霊オニキス
200000G
神官戦士長の宝珠×2(土曜日)

覚醒アビリティ名 魔法耐性
能力 魔法耐性+10

クラス名 ディバインロード
能力 敵をブロックしていない時、味方のHPを回復する

射程1.2倍

全員のHPが徐々に回復

射程が上昇し、全味方にリジェネが付与される

スキルと覚醒スキル

覚醒スキル習得に必要な素材
★6技覚醒精霊ナイアス
200000G
神官戦士長の宝珠×2(土曜日)

スキル名 エクスバトルヒール
効果 20秒攻撃力が1.8倍

ブロック数0

回復に専念する

初回使用までの時間 15秒
再使用までの時間 30秒

ブロック数を0にして、回復に専念

そして攻撃(回復)力もアップ

覚醒スキル名 ヒーリングスポット
効果 攻撃力が1.4倍

ブロック数0

回復に専念する

効果時間無限

初回使用までの時間 15秒
再使用までの時間 30秒

スキルとほぼ一緒で、攻撃力の上り幅は小さいものの

効果時間無限が付与

好感度ボーナス

好感度100%
HP +540
攻撃力 +108

好感度150%
魔法耐性 +16

運用方法や感想など…

おススメ度は…B【戦力になる】

ルチアは、肉体派と回復役を好きなタイミングで変えられるユニット

普段はブロック数3と言うのを利用して、メインの壁役が漏らした敵をブロック

ブロックしてない時は、他の味方を回復

もしメイン壁役が強敵と当たっていて、大きな回復量が欲しい

そんな時は、スキル発動で攻撃(回復)力がアップした状態で回復に専念

それかなんらかの事情で、敵がわんさか出るのに遠距離ユニットの回復が届かない時

覚醒スキルを発動させて、効果時間無限でずっと回復役にするとありがたやな存在に

また第二覚醒が実装されて、全く上がらなかった射程が上昇した

またスキルと覚醒スキル共通で”ブロック数0”

強い敵のブロックを回避できるのも強い

今回のおススメ度はB【戦力になる】

時間制限があるけど回復専のスキルは900

効果時間無限の回復専の覚醒スキルは700も回復

近距離ユニットなのに、どちらの方も回復量は結構ある

なのでB【戦力になる】に決定

もしこれが複数の味方に回復できるものだったら、おススメ度は大きく変わった

ブロック数3で、ブロックしてない時は範囲内の味方を1人回復するユニット

覚醒スキルはブロック数0で、効果時間無限の回復専になるユニット

常に妙な視線を感じる気がしてるユニット

何か良いなと思えるものがあれば、育成してみてはいかがでしょうか

今回はここまで

この記事を見てくれてありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする