【千年戦争アイギス】ミッションクリア時の報酬Gが増加&時間の長い覚醒スキル発動で、遠距離攻撃の対象にならない事も可能!『花鏡の風水士ミア』を育成しての感想など…(能力値・評価・まとめ)

どうも、色即是空MAXです

今回は『花鏡の風水士ミア』を育成したので

色々と紹介していきます

花鏡の風水士ミア

どこでお迎えできる?

主にプレミアム召喚系

Lv.50【素】

【最小出撃コスト:11 最大出撃コスト:14】

クラス名 風水使い
能力 地形の影響を30%軽減

悪天候の時間を50%短縮

範囲内の味方2人まで同時に回復

ミアは遠距離型ユニット

攻撃はしなくて、範囲内の味方2人まで同時に回復する

後、この状態でスキルレベルを上げても

次【CC】した時、そのスキルレベルが引き継がれないので注意

Lv.70【CC】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:17】

CCに必要な素材
★3銀アーチャー
★3銀メイジ
★3銀ヒーラー
★5白金精霊セリア

クラス名 風水士
能力 地形の影響を50%軽減

悪天候の時間を50%短縮

範囲内の味方2人まで同時に回復

地形の影響の軽減力がアップ!

Lv.90【第一覚醒】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:17】

第一覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)ウォーロックor★4金メイジ
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★6覚醒精霊ヴィクトール
200000G
風水士の宝珠×2(火曜日)

覚醒アビリティ名 金運招来
能力 ミッションクリア時の報酬Gが15%増加する

報酬Gがチャリンチャリン♪

クラス名 風水導士
能力 地形の影響を70%軽減

悪天候の時間を50%短縮

範囲内の味方3人まで同時に回復

地形の影響の軽減力と範囲内の味方回復人数

この2つがアップ!

Lv.99【第二覚醒】

【最小出撃コスト:14 最大出撃コスト:17】

第二覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)ウォーロックor★4金メイジ
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★3銀(CC済)プリーストor★4金ヒーラー
★6常闇精霊オニキス
200000G
風水士の宝珠×2(火曜日)

覚醒アビリティ名 金運招来
能力 ミッションクリア時の報酬Gが15%増加する

クラス名 風水導士
能力 地形の影響を70%軽減

悪天候の時間を50%短縮

範囲内の味方3人まで同時に回復

スキル中のみ遠距離攻撃の対象にならない

スキル中、遠距離攻撃の対象にならなくなった

スキルと覚醒スキル

覚醒スキル習得に必要な素材
★6技覚醒精霊ナイアス
200000G
風水士の宝珠×2(火曜日)

スキル名 回復力強化Ⅲ
効果 35秒攻撃力が1.8倍に上昇
初回使用までの時間 17秒
再使用までの時間 35秒

【CC】以降のスキル

攻撃(回復力)がアップする

スキル名 久遠の龍脈
効果 120秒攻撃力1.4倍

射程1.2倍

初回使用までの時間 35秒
再使用までの時間 70秒

長時間、攻撃力と射程がアップする

この長時間が、第二覚醒クラス能力と相性が良い

好感度ボーナス

好感度100%
HP +360
攻撃力 +144

好感度150%
攻撃力 +72

運用方法や感想など…

おススメ度は…B【戦力になる】

ミアはクラスの能力上、回復専門のユニット

そして嫌な地形の影響を軽減&悪天候の時間を短縮できる

味方が不利になる環境がある時に出すとありがたやな存在になる

防御と魔法耐性は紙なので、敵の攻撃力には常に注意

もし遠距離攻撃をする超危ない敵が近くに来たら、第二覚醒のクラス能力で

”スキル中のみ遠距離攻撃の対象にならない”

これを使って回避したい、スキルの発動のタイミングが重要

覚醒アビリティ能力は、ミッションクリア時の獲得Gが15%増加

出撃メンバーにいるだけで増加するから

特にメンバーに入れる必要もないけど、枠が空いてるなら入れておいても損なし

塵も積もれば山となる

今回のおススメ度はB【戦力になる】

特別超TUEEEEってわけでもないけど

回復を3人同時と悪環境を軽減もできる

スキルを発動すりゃ、遠距離攻撃の対象にならない

この3つがあるから、B【戦力になる】に決定

風水使い系が1人もいなかったら

誰か一人を育成しておくと、これから先が楽になる事間違いなし

範囲内の味方3人を同時に回復、悪環境を色々軽減できるユニット

スキル中は、遠距離攻撃の対象にならない&報酬Gが増加する獲得ユニット

自身が幸運を運ぶ花となるユニット

どれか気に入るものがあれば、邪神アイギスに祈ってみてはいかがでしょうか

今回はここまで

この記事を見てくれてありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする