【千年戦争アイギス】スキル発動で敵全員の現在HPを10%+α削り、魔法を使う相手を絶対許さない姫!『海魔の麗姫スキュレ』を育成しての感想など…(能力値・評価・まとめ)

お疲れ様です、色即是空MAXです

今回は先日迎える事に成功した『海魔の麗姫スキュレ』

彼女について色々書いていきます

海魔の麗姫スキュレ

どこでお迎えできる?

主にプレミアム召喚系

念の為に、各召喚の『召喚の内容』を見る事

召喚率アップの対象になった時が狙い目

Lv.70【第一覚醒前】

基本の攻撃方法は、近接の物理単体攻撃

ブロック数は1

アビリティ名 オートヒール
効果 自分のHPが徐々に回復(常時)

リジェネ機能持ち

でも過信し過ぎない方が良い

クラス名 イビルプリンセス
効果 他者からHP回復を受けられず魔界での能力低下なし

敵のHP残量に応じ与ダメージアップ

スキル発動時、敵全員の現在HPを10%減少

基本の攻撃は、近距離単体物理攻撃

他者からHP回復を受けられないので

いくらHPが多いとは言え配置場所にかなりの注意が必要

魔界耐性持ち

敵のHP残量に応じ与ダメージアップ

自分の目が間違ってなければ、敵のHPをある程度削ってから攻撃すると与ダメージがアップ

攻撃力が上がるわけではない、具体的に見せるとこんな感じ

スキル発動時、敵全員の現在HPを10%減少

この効果はありがたや~な効果

Lv.90【第一覚醒】

第一覚醒に必要な素材
★3銀(CC済)アサシンor★4金ローグ
★3銀(CC済)サムライマスターor★4金サムライ
★3銀(CC済)ハイビショップor★4金ビショップ
★6覚醒精霊ヴィクトール
250000G
バトルマスターの宝珠×2(木曜日)
ダークナイトの宝珠×2(月曜日)

アビリティ名 海魔の禍福
効果 自身のHPが徐々に回復(常時)

出撃メンバーにいるだけで

他ユニットからのHP回復を

受けられないクラスのHP+15%

既存の能力に加えて

”他ユニットからのHP回復を受けられない”クラスの

ユニットのHPを+15%する能力が追加された

自分の場合だと、丁度活躍してるスーシェンにドンピシャの能力

クラス名 イビルクイーン
効果 他者からHP回復を受けられず魔界での能力低下なし

敵のHP残量に応じ与ダメージアップ

スキル発動時、敵全員の現在HPを10%減少

クラス名は変わってるけど、内容には変化無し

スキルと覚醒スキル

覚醒に必要な素材
技覚醒精霊ナイアス
250000G
バトルマスターの宝珠×2(木曜日)
ダークナイトの宝珠×2(月曜日)

スキル名 スケイルソード
効果 30秒攻撃力1.6倍

魔法を使う敵にはさらに攻撃力1.5倍

アビリティのHP回復量5倍

初回使用までの時間 17秒
再使用までの時間 35秒

共通して攻撃力とリジェネの回復量がアップ

更に魔法攻撃をしてくる敵には、絶対倒すウーマンの能力も付加

覚醒スキル名 魔断ちの紫剣
効果 30秒防御力と魔法耐性を無視した遠距離攻撃

魔法を使う敵にはさらに攻撃力2.5倍

初回使用までの時間 20秒
再使用までの時間 40秒

覚醒スキルを発動させると、範囲はこの様になって貫通単体攻撃を行う

またスキルの時と同様、魔法攻撃をする敵には攻撃力がさらにアップ

ちなみにこの画像を見て欲しい、これは覚醒スキルを発動して間もない場面

(覚醒)スキルを発動させると、クラスの効果で

”スキル発動時、敵全員の現在HPを10%減少”が発動した

それ以外のダメージは与えてない

ガーゴイル系と爺のメイジのHPを見ると…

普通ならガーゴイル系と爺メイジのHPの減るゲージの長さは一定なんだけど

明らかに爺の方が、ガーゴイルと比べてHPの減りが大きい

多分覚醒スキルの”魔法を使う敵にはさらに攻撃力2.5倍”

この効果が乗って、魔法攻撃をする爺メイジには現HP25%減少の効果がありそう

感想など…

おススメ度は…B+(MAXに近い普通)

「超TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEE、ぶっ壊れてるー><」

とまでは行かないけど、さっきから書いている”魔法攻撃絶対許さない!”だから

魔法攻撃をしてくる敵が多いMAPに、かなり刺さる

スキル発動で、敵全員の現在HPを10%減少も◎

また”他ユニットからHP回復受けれないクラスのHP+15%”もあるから

そういうユニットばっかの編成が好きな人は、役に立つ

これから魔法攻撃の敵が多いMAPも出てくるだろうから、それに対抗したい!

”他ユニットからHP回復受けられない”系を多く出撃させてて、生存率を上げたい!

この2つのどれかに当てはまって、余裕あるなら女神アイギス様にお祈り!

今回はここまで

この記事を見てくれてありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする