【千年戦争アイギス】緊急ミッション『星に祈りし聖夜の癒し手』を★3クリアする

緊急ミッション『星に祈りし聖夜の癒し手』が実装

★3クリアをしていく

星に祈りし聖夜の癒し手

雪化粧の王国

王国軍の兵士やローグが多く出現、またKTとフィリスも

吹雪も発生するけど、道の分かれ目で陣取っていけば攻撃は届くので問題なし

報酬

救出訓練:不死者の行軍

スケルトンが大量

左側のメメントとメトゥスは脅威じゃない

シュシュのケルベロス君一体でどうにかなった

一方、右側から出てくるキョンシーのレイメイは防御&魔法耐性無視攻撃

ちょっと怖かったんだけど、真ん中の周りをぐるぐる回る動きでブロックしたら攻撃してくる?

何の攻撃も受けずに遠距離ユニットの攻撃で簡単に撃破できた

報酬

救出訓練:魔女と竜人の挟撃

左側からは防御無視攻撃の敵、上側と右側からは普通の攻撃をする敵が多い

あんまり左側にユニットを配置する必要性は無いかなあ

魔法耐性に自信のあるキャラとヒーラーを合わせれば抑えられる

ブルーマン(ケラウノス)とユーノで事足りた

右側の方は、ハクノカミとリノとゴライア(上側から来て右側に移動)がいる

ハクノカミとリノの攻撃には注意

この二人が動き始めたら最初からいるシャルロットのスキル発動もしてさっさと倒した方が良いかな

イーリスがやられそうな気がして怖かった

報酬

騎兵と氷霊の疾風

足の速い騎兵が多く出てくるので、早めにブロック数に自信アリユニットで自陣前を固める

撃破の方は最初から配置されているシプリアのスキル発動に頼った

シプリアは、吹雪であろうとこの範囲の広さだからかなり強い

レオナがいるおかげで、ガンガンスキルを発動させる事ができた

アイスエレメンタルやユキヒメの攻撃をあんまり喰らう事もなかった

★3クリアをしたいなら、シプリアを守った方が良い

報酬

救出訓練:滑走する魔界の勇

右上と右下からはオルトロスとケルベロス軍団

左下はヴェルティとアナトリアなどのオーク軍団

左下に関してはすぐ対処する必要は無い

まずは右側の敵を倒す事に集中

ちょっと時間が経つと左下からヴェルティがインプ達と出現

ヴェルティは近づくとHPがみるみる削られるから遠距離から攻める

これには最初からいてくれるカノンで対処

ヴェルティには攻撃は届かないんだけど、インプには攻撃が届く

それに巻き込む形でヴェルティにもダメージを与えられる(スキル発動も忘れずに)

更に時間が経つと今度はオーク軍団が出現

オーク軍団は最初は動かず待ってるからその間に攻める

遠距離ユニットに対しては攻撃してこないから、近くに遠距離ユニットを配置

自分はラピスでやったけど、オデットとか他の遠距離ユニットでもいけるかな

実はアナトリアとブルーマンをタイマンさせて★3クリアを逃した/(^o^)\

ギリギリでイーリスの回復が間に合うと思ったけど駄目だった

油断してはいけない(戒め)、2回目で★3クリア

報酬

救出訓練!?:聖夜の黒い影

悪天候:猛吹雪が発生、悪天候の影響を受けない敵の『攻撃力』上昇する

そして出てくる敵はもちろん雪だるま(青)と雪だるま(赤)が多め

更に今回のガチャでも実装されているサンタコーネリアも出現

彼女が出ていると味方の攻撃力が下がるので長期戦覚悟

悪天候の時間を風水使いで短くするのが、一番クリアとしては良いんだけど

自分の場合は、育ってないなら力のゴリ押しで突破した

結構雪だるま⛄の攻撃を喰らったけど、デューオのスキルでやられる前に(スキルで)やる!で倒した

理想はデューオの隣にヒーラーのイーリス配置(上の画像のイーリスは悪天候で機能せず)だったか

また雪だるま⛄達は下側を通るので、自分はそこには全く近距離ユニットは置かなかった

雪だるま⛄を倒したら、最後に左からコーネリアが出現

彼女一体だけだから防御に自信有りなユニットとヒーラーを置いとけば終わり!

終わってみて思ったんだけど、悪天候でヒーラーの範囲が届かないなら

今丁度手に入る悪天候の影響を受けないカミラを育てるのも良さそう

報酬

感想など…

今回のミッションは、ガチャで出るキャラの宣伝をしている様に思えた

ミッションクリアにかなり役立ってたと思う

話の方はいつも通りの訓練の話で、最後の最後でサンタコーネリアが強襲

今回の緊急ミッションのラスボス的な位置だけど、誰も脅威に感じてないというw

でも戦ってみると攻撃力ダウンは天候の影響もかぶってきつかった

ガチャを回す気は無かったんだけど、話を見てからだとちょっと欲が出てきてる

絶対欲しい!回す!と言う禁断症状レベルではないんだけどどうなるか

明日になれば回してる可能性あるw

この記事を見てくれてありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする